トップページ > 試合結果 > 第41回東北総合体育大会ソフトボール競技

第41回東北総合体育大会ソフトボール競技

平成26年8月21日(木)、東北各県の成年男女・少年男女の合計24チームが、福島県福島市十六沼公園スポーツ広場に一堂に会し、第41回東北総合体育大会ソフトボール競技の開始式を行いました。開始式では、東北ソフトボール協会戸津孝会長の挨拶などの後、選手を代表して福島県少年女子主将が選手宣誓を行いました。
翌、22日(金)は第1日目として予選リーグを行いましたが、夕方の雷雨のため、サスペンデットゲームとなり、翌日に持ち越しとなりました。2日目は、初日のサスペンデットゲームを再開し、その後予選リーグを行い、決勝トーナメントの出場チームが決定しました。
大会3日目の24日(日)は、決勝トーナメントを開催しました。
本県代表は、少年男子の部では、予選リーグを2位で通過し決勝トーナメントで岩手県と対戦、3対4で惜敗し、第3位となりました。少年女子の部では、予選リーグを2位で通過し決勝トーナメントで山形県と対戦、0対9(6回コールド)で敗退し、第3位となりました。成年の部では、男女とも予選リーグを突破し、決勝トーナメントに進出、決勝トーナメントの準決勝を共に勝ち上がり、決勝に進出しました。
少年男女、成年
男女とも、決勝戦の途中で雷雨のため中断、成年男女の部は決勝戦に勝ち上がった男子の山形県と福島県、女子の部の岩手県と福島県の両チーム優勝となりました。少年男女の部は、サスペンデッドゲームとなり、25日(月)9時から試合を再開し、男子の部が岩手県が28年振り5回目の優勝、女子の部が山形県が2年連続10回目の優勝を飾りました。

なお、今年から再開した総合優勝は、山形県が10年振り4回目の優勝を飾りました。
優勝された皆様、おめでとうございます。大会に参加された皆様、お疲れ様でした。
結果はこちら 

ページの先頭へ
Copyright © 2019 福島県・県北ソフトボール協会. All Rights Reserved.