トップページ > 各種情報 > 県審判委員会伝達講習会を開催しました。

県審判委員会伝達講習会を開催しました。

平成25年3月9日〈土)、石川町にて福島県ソフトボール協会審判委員会伝達講習会を開催しました。中央研修会、東北伝達参加者が講師を務め、県内各支部からの代表42名と審判委員会役員、委員が参加しました。

挨拶をする長沼審判委員長

午前中、石川町公民館での開講式では、県南ソフトボール協会の高坂日出夫会長、長沼栄三県審判委員長の挨拶で始まりました。
中央・東北伝達の経過報告についてを長沼委員長が、2013年ルールの一部改正・修正点と適用を広川審判委員会委員が、競技者必携の改正・修正点と適用を熊谷副委員長がそれぞれ解説説明を行い、中央研修会でのDVD映像を見て理解を深めました。

実技の模様

昼食を挟んだ午後からは、会場を石川町民グラウンドに移し、実技指導を行いました。球審の動きとゼスチャーについては、遠藤委員と大庭事務局長、塁審の動きと判定の位置については、丹野副委員長、熊谷副委員長、広川委員が講師を務め、投球判定とゼスチャー、ノックによる審判員の位置確認、ローテーションについて、参加者全員が体験して終了しました。

 この日参加した各支部の代表者は、それぞれの支部において、伝達をして、今年の各種大会に備えることになります。
ページの先頭へ
Copyright © 2019 福島県・県北ソフトボール協会. All Rights Reserved.