トップページ > 各種情報 > 福島県ソフトボール協会審判員伝達講習会

福島県ソフトボール協会審判員伝達講習会

球春の訪れを告げる「福島県ソフトボール協会審判員伝達講習会」が、3月11日(土)にいわき市の内郷公民館ほかで県内5支部の審判長と審判員が参集し開催されました。
開講式では、阿部廣県ソフトボール協会副会長に主催者あいさつをいただきました。
続いて行われた午前のルール講習会においては、佐藤美則県審判委員長から東北地区伝達講習会の報告の後、ルールブック・競技者必携の改正点、選手交代時の通告方法など個々の説明がなされました。
今年度は大きなルール改正点はないものの、試合での「あくしゅ、あいさつ、ありがとう」の実践や、審判実務のスムーズな運営に関する事項に活発な質疑も展開されました。
会場を近隣の運動場に移した午後は、基本動作や投球判定、イリーガルピッチの実例、各塁に審判員を配置しノック形式での実技講習を中心に入念な確認が実施されました。
都度の要点説明と共に、位置取りや判定での見るべきポイント等がケースに応じて解説され、全員で理解を深めました。
時折、寒風の吹く天候ではありましたが、終始熱気に満ちた講習会となりました。今後、県内の各支部毎に同様の伝達講習会が予定されており、本格的なシーズンの開幕に向けた準備が進んでまいります。

ページの先頭へ
Copyright © 2019 福島県・県北ソフトボール協会. All Rights Reserved.