トップページ > 各種情報 > 平成29年度ルール改正等について

平成29年度ルール改正等について

1.ルール改正について
今年度のルール改正については、こちらをご覧ください。

2.登録について
登録については、今年から「教員」が生涯種別となりました。これにより他の生涯種別(一般男子・壮年など)への登録についても、それぞれの規定を満たしていれば可能となります。
また、「ハイシニア」の年齢制限が、66歳以上と変更になりました。これは今年から3か年計画で1歳ずつ年齢の下限を引き上げていくもので、最終年度には68歳以上となる見込みです。

3.競技者必携の改正点について
競技者必携に掲載されたプレイヤーのマナーについては、これまでも「チームのメンバーは審判員の判定に対し、不服の言動や不満の態度を示してはならない」。また「塁における判定に対して、”アウト”、”セーフ”の発声をさせないよう指導する。」などマナーアップについて規定されてきたところですが、今年度から新たに、
投手が投球姿勢(セット)に入ったときは、両チーム(応援者を含む)は、応援のための声出しや鳴り物を使用してはならない。との条項が加わりましたので、ご注意ください。

4.「あくしゅ・あいさつ・ありがとう」の実践について
28年9月に日本ソフトボール協会専務理事及び総務委員長より通知がありました、「あくしゅ・あいさつ・ありがとう」の実践につきまして、以下のとおりとなりました。
①握手は試合終了の挨拶が終わってから行う。
②方法については特に定めない。お互いに自由に握手させる。
となりました。
先にお伝えした、『勝った選手が順に動く』という方法については、無くなりましたので、お間違えのないようよろしくお願いします。

以上、主な変更点となります。今シーズンもよろしくお願いします。

ページの先頭へ
Copyright © 2017 福島県・県北ソフトボール協会. All Rights Reserved.