トップページ > 各種情報

平成29年度福島県ソフトボール協会理事会

平成29年3月12日(日)、福島市松川学習センターにおいて平成29年度福島県ソフトボール協会理事会を開催しました。長澤初男福島県ソフトボール協会会長のあいさつの後、功労者・優秀チーム・優秀指導者等の表彰を行いました。

功労者等の表彰

表彰の後、本理事会に来賓としてご出席いただいた新聞社・メーカーの方々からごあいさつをいただきました。
その後、休憩を挟んで議事に入りました。
議事では、平成28年度の事業報告・収支決算、平成29年度の事業計画・収支予算、また登録規程の一部改正等、重要議題が審議され、活発な意見交換の末、承認されました。

議事

最後に審判委員長、記録委員長から29年度のルール改正などについての情報提供があり、特に「あくしゅ・あいさつ・ありがとう」の実践について、具体例を上げながら説明がありました。
今年度の計画が決定したことにより、今シーズンもいよいよ本格的にスタートすることとなります。皆様よろしくお願いします。

福島県ソフトボール協会審判員伝達講習会

球春の訪れを告げる「福島県ソフトボール協会審判員伝達講習会」が、3月11日(土)にいわき市の内郷公民館ほかで県内5支部の審判長と審判員が参集し開催されました。
開講式では、阿部廣県ソフトボール協会副会長に主催者あいさつをいただきました。
続いて行われた午前のルール講習会においては、佐藤美則県審判委員長から東北地区伝達講習会の報告の後、ルールブック・競技者必携の改正点、選手交代時の通告方法など個々の説明がなされました。
今年度は大きなルール改正点はないものの、試合での「あくしゅ、あいさつ、ありがとう」の実践や、審判実務のスムーズな運営に関する事項に活発な質疑も展開されました。
会場を近隣の運動場に移した午後は、基本動作や投球判定、イリーガルピッチの実例、各塁に審判員を配置しノック形式での実技講習を中心に入念な確認が実施されました。
都度の要点説明と共に、位置取りや判定での見るべきポイント等がケースに応じて解説され、全員で理解を深めました。
時折、寒風の吹く天候ではありましたが、終始熱気に満ちた講習会となりました。今後、県内の各支部毎に同様の伝達講習会が予定されており、本格的なシーズンの開幕に向けた準備が進んでまいります。

あくしゅ・あいさつ・ありがとうの実践について

日本体育協会ではフェアプレイの具体的な実践として「あくしゅ、あいさつ、ありがとう」を勧めています。
このたび日本ソフトボール協会からも依頼文書がありましたので、掲載いたします。
文書はこちら
29年度からは、福島県においても積極的におこなっていきたいと思います。
皆様のご協力をお願いいたします。

平成28年度第3種公式記録員認定講習会

平成28年12月11日(日)、福島市松川学習センターにおいて、第3種公式記録員認定講習会を開催いたしました。
県北地域はもとより、県南、会津地区からもスポーツ少年団の指導者、保護者、中学生・高校生など合計61名が受講いたしました。
講習会は、具体的な記帳方法を説明しながら、VTRを見て実際に記帳するなど実践的な講習を行いました。
今回、受講した方々は日本ソフトボール協会に申請した後、第3種公式記録員として認定されることとなります。
受講された皆様、お疲れ様でした。

平成28年度第3種公認審判員認定講習会


平成28年11月27日、県北地区における第3種公認審判員認定講習会を、60名の受講者にて福島市吾妻学習センターで開催いたしました。
渡辺審判委員長の挨拶に続き、午前はルール全般と競技者必携の記載内容について講義を行いました。時折、受講者から具体的な事例を交えた質問も出て、熱気のこもった講習となりました。
会場を野田中学校グラウンドに移した午後は、審判員の基本動作を中心に、講師陣が各塁毎に実際の動きを行いながらポイントの説明をし反復練習をしました。
次年度から県北地区におけるスポーツ少年団大会の一部で帯同審判員を採用予定ということもあり、カリキュラムを実戦に活かせる内容に変更すると共に、1球場15名程度として4球場に分けて同時進行で講習する形式とするなど、審判委員会としても例年とは一味違った趣向といたしました。
受講された方々は、正しくジャッジをするための動きをマスターしようと、皆さん真剣に取り組んでおられました。
曇天ではありましたが、心配された雨や吾妻おろしにも見舞われず、講習会は滞りなく閉会することができました。

本日受講の皆様が、審判員として活躍されることを心待ちにしております。

平成28年度 日本体育協会公認ソフトボール指導員養成講習会及び指導者対象講習会

平成28年11月26日(土)、27日(日)、12月3日(土)、4日(日)、郡山市開成山野球場会議室ほかにおいて、平成28年度日本体育協会公認ソフトボール指導員養成講習会を開催いたしました。
26日(土)、27日(日)、3日(土)は準指導員養成講習会の1日目、2日目、3日目と、指導者対象講習会(暫定)を開催しました。4日は資格試験を開催いたしました。
4日間受講した方で資格試験に合格した方は、日本ソフトボール協会の定める準指導員資格が付与されます。また指導者対象講習会を受講した方は1年間有効の暫定資格が付与されます。
参加された皆様、お疲れ様でした。また、今後ソフトボールを指導していく上で、今回の講習会で学んだことを生かしていただければと思います。

2020東京オリンピック野球ソフトボール福島県誘致委員会発足会決起集会開催について

東京オリンピックに野球・ソフトボールが正式種目として承認されました。
2020年オリンピックにおいて、野球・ソフトボールの開催を福島県に誘致し、福島復興創生を世界中の人々に見てもらうとともに、福島の子どもたちの夢と未来への希望につなげていきたいと考えております。
つきましては、下記のとおり本県開催実現にむけ、誘致委員会発足の決起集会を開催する運びとなりました。
お忙しい時期とは存じますが、おひとりでも多くの皆様のご参加賜りますよう、ご案内申し上げます。

開催日時  平成28年11月6日(日) 14:00~
開催場所  福島市教育会館 (福島市上浜町10-38) TEL024-523-0206

※ 尚当日は混雑が予想されます。駐車場の台数に限りがございますので、お乗り合わせのうえお越しくださいますようお願いいたします。
詳しくはこちら

参加ご希望の方は、10月31日までに当ホームページのお問い合わせフォームよりお申し込みください。
※ 事前のお申し込みで満員となった場合、、当日のお申し込みの方の入場をお断りすることともございますので、ご了承ください。
また事前にお申込みをいただけますと、主催者側で人数の把握ができますので、ご協力をよろしくお願いいたします。)

東京2020オリンピックの正式種目として採用されることが決まりました。

国際オリンピック委員会(IOC)は3日、リオデジャネイロで開いた総会で、2020年東京五輪の追加種目として、野球・ソフトボールなど5競技18種目を一括承認しました。
野球・ソフトボールは、北京オリンピック以来3大会ぶりの実施となります。
詳細につきましては、日本ソフトボール協会のHP等をご覧ください。

登録追加届

本年度の大学生・高校生以下の追加届をアップしましたので、ダウンロードしてご利用ください。

登録追加届(様式)

栄光の記録(県大会入賞チーム)

ページの先頭へ
Copyright © 2021 福島県・県北ソフトボール協会. All Rights Reserved.