トップページ > 各種情報

ミズノヴィクトリークリニックソフトボール教室

平成27年3月21日(土)、22日(日)、福島市の福島明成高等学校のグラウンドにおいて、東日本大震災復興支援、ミズノヴィクトリークリニックソフトボール教室を開催しました。

開講式

こちらは昨年一昨年に引き続き、今回で三回目となる講習会で、ミズノ株式会社の主催、県北ソフトボール協会の共催で開催されたものです。今年は講師に星野昭先生、藤原麻起子先生、村中梢先生の3名の先生方を招き、県内各地の中学生を中心に約180名の方が参加しました。

講習を行う星野先生

星野先生は、あの宇津木監督を育て、日本ソフトボール協会の強化委員などを務められた先生。藤原先生は各年代の日本一を経験された名投手、そして村中先生は、日本リーグの松下電工津やペヤングなどで活躍された名捕手です。星野先生と藤原先生は昨年、一昨年に引き続いての講習となりました。
まず初めに、開講式を行い、その後ウォーミングアップの後、講習がスタートしました。講習は、キャッチボールの講習からスタートし、星野先生から基本姿勢や動作についての説明がありました。その後、投手、捕手、内野、外野とポジションに分かれての講習を行いました。講習では、すべての動作の基本となる動きについての講習や、それぞれのポジションでの気を付けることなどについて、

キャッチャーの講習

3人の先生方から具体的に講習があり、参加者は熱心な表情で聞き入ってました。
主催いただきました、ミズノ様、遠いところお越しいただきました3名の先生方、ありがとうございました。

藤原先生によるピッチング

外野講習

平成27年度県北ソフトボール協会評議員会

平成27年3月15日(日)、福島市の福島グリーンパレスにおいて、平成27年度県北ソフトボール協会評議員会を開催しました。

まずはじめに、全国大会で入賞した福島橘リファインズ(日本マスターズ大会第3位)とトーホードリームス(全日本一般男子大会第3位)の両チームに、特別表彰を行い、その後、全国大会出場チーム、東北大会優勝チーム、県大会連続優勝チーム並びに優秀指導者への表彰を行いました。
その後会長のあいさつに続き、議事に入り、平成26年度事業報告、収支決算・監査報告、並びに平成27年度事業計画(大会日程)、収支予算について、審議を行い、すべて原案どおり可決されました。
議事終了後、渡辺勢治審判委員長より、今年度のルール改正についての講義がありました。講義では今年度の改正点は主に時間短縮を目的とした改正であること、特に新たに導入されたテンポラリーランナーについての解説などを資料に基づいて説明しました。

評議員会終了後、同所にて協会より表彰された方々を囲み、受賞祝賀会を開催しました。

なお、平成27年度の大会日程については、こちらをご覧下さい。

 

第3種記録員認定講習会

平成26年12月7日(日)、国体記念体育館において、第3種記録員認定講習会を開催し、県北地方をはじめ、県南会津地区などから、合計56名が受講しました。
当日は、開講式の後、午前中は、森下記録委員長をはじめとした認定員より、スコアをつける意義、スコアをつける際の記号などの説明を受けました。午後からは、打球判定のビデオを見ながら、安打や失策についての基準を学んだほか、DP、FPルールの間違えやすいポイントなどの説明を受け、講習を終えました。
今後は、今回の講習受講者全員を第3種公式記録員として日本協会に認定申請し、日本協会より認定されることにより、公式記録員有資格者となります。

 

第3種公認審判員認定講習会

平成26年11月30日(日)、福島市清水学習センター及び松川運動公園グラウンドにおいて、公益財団法人日本ソフトボール協会第3種公認審判員認定講習会を開催しました。


受講者は22名、午前は清水学習センターで渡辺審判委員長の主催者挨拶に始まり、ルール講義、実技の座学を行いました。受講者は基本的な項目を中心に、事例を交えた説明にてルールへの理解を深めると共に、審判員の基本動作等についてもレクチャーを受けました。午後は松川運動公園グラウンドにて実技研修を実施しました。準備運動の後、各塁における判定に関する留意点の説明と質疑応答、また、受講者が球審に立ち実際に投手が投げたボールの判定などを実習しました。

最後に渡辺審判委員長からの講評を以って閉会となりました。寒風の中での実技研修となりましたが、受講者は皆真剣に取り組んでおりました。
この後、本日の受講者は日本ソフトボール協会への認定申請を経て第3種公認審判員の資格取得者となります。来シーズンから同協会主管大会等での活躍が期待されます。

平成26年度準指導員養成講習会・指導者対象講習会

平成26年度のソフトボール準指導員養成講習会及び指導者対象講習会を下記のとおり開催いたします。
日本ソフトボール協会主催の公式大会に出場するためには、チームに有資格者(準指導員資格、指導員資格等の保持者)が1名以上いなければなりません。
本講習会を受講し、資格認定試験に合格すれば、準指導員資格が付与されますので、この機会に是非とも受講してみませんか?

なお、この準指導員資格は4年間のみ有効で、4年間の間に日本体育協会の共通科目(NHK通信講座) を受講し、地域スポーツ指導員に移行しなければなりませんので、ご注意ください。

また、併せてチームに有資格者がいなくなることの救済措置として1年間有効の指導者対象講習会も下記のとおり開催します。こちらはあくまでも暫定措置であり、1年間のみ有効の講習会です。
受講希望の方は、下記申込書をダウンロードし必要事項を記入のうえ、福島県指導者委員会委員長までお申し込みください。

     記
準指導員養成講習会
開催日時   11月22日(土)、23日(日)、30日(日)、12月7日(日) の4日間  9:00~16:45
開催場所   開成山野球場 会議室、屋内練習場
要項はこちら 開催要項

指導者対象講習会
開催日時   11月22日(土)、23日(日)、30日(日)、のいずれか1日  9:00~16:45
開催場所   開成山野球場 会議室、屋内練習場
要項はこちら 開催要項(暫定)

準指導員養成講習会、指導者対象講習会(暫定)の申込書はこちら(共通)  Word、 PDF


 

県北ソフトボール協会審判委員会伝達講習会を開催しました。

県北審判委員会伝達講習会を開催しました。

球春到来を告げる県北審判委員会伝達講習会を、福島市市民会館及び橘高校グラウンドにて、多くの審判員参加のもと3月23日(日)に開催いたしました。
渡辺審判委員長の開会挨拶に続き、今月上旬の東北伝達講習会に参加した各副委員長が、再出場違反アピール時の適用を始めとした今年のオフィシャルルール改正点や、競技者必携の修正点について質疑応答も含め講習を行いました。
続いて屋外での実技研修では、球審・塁審の基本動作、不正投球の実例説明やストライクゾーンの再確認のほか、地元高校チームの協力を得て試合での実習を、委員長・副委員長が講師となり指導を受けました。

この日の参加者はそれぞれの方部においても伝達を行い、各審判員が今年の大会に向けて備えることとなります。

記録委員会総会及び伝達講習会を開催しました。

平成26年3月23日(日)、福島市十六沼公園体育館会議室において、平成26年度県北ソフトボール協会記録委員会総会及び伝達講習会を開催しました。
総会では25年度の事業報告及び収支決算、また26年度の事業計画及び収支予算について審議を行い、いずれも原案通り承認されました。
また、役員改選も行われ、新たな役員が決定しました。
その後、伝達講習会を開催し、今年度のルール改正、今年度からのスコア記帳の変更点及び記帳の際の間違いやすい点などについて講習を行いました。
ルール変更点についてはルールブックなどでご確認ください。また、記帳方法の留意点、変更点などについてお知りになりたい方は、記録委員会にお尋ねいただくか、当ホームページまでお問い合わせください。

ミズノヴィクトリークリニックソフトボール教室

開講式の模様

体育館で開講式

平成26年3月21日(金)~22日(土)、福島明成高校において、ミズノヴィクトリークリニックソフトボール教室兼平成25年度県北地区中学校

ピッチングの講義をする星野先生

体育連盟ソフトボール講習会(東日本大震災復興支援)が開催されました。
これは昨年に引き続き、東日本大震災復興支援としてミズノ株式会社の主催、県北ソフトボール協会の共催で開催されたもので、講師に星野昭氏、藤原麻起子氏、古田真輝氏を講師に招き、県北地区のソフトボール部に所属する中学生などが受講しました。
初日は悪天候のため、室内での開催となり、キャッチボールやピッチング、守備の基礎などについて、講習を行いました。

2日目は屋外での講習

翌日は天候も回復したため、グラウンドでの開催となり、前日に続きピッチングや守備、またバッティングなどについて、講習を行いました。

参加者は、すべての動作の基礎となる動きや、それぞれのピッチング、バッティングの注意点などについて、丁寧な説明をうけ、熱心な表情で聞き入っていました。
主催いただいたミズノ様、講師として遠いところ福島までお越しいただきました3名の先生方をはじめ、開催にあたりご尽力いただきました関係者のみなさま、本当にありがとうございました。参加した皆さんは、この2日間で学んだことを、今後の練習や試合に少しでも生かしていっていただきたいと思います。

最後は皆で集合写真

平成26年度県北ソフトボール協会評議員会

あいさつする木村会長

平成26年3月16日(日)、福島市の福島グリーンパレスにおいて、平成26年度県北ソフトボール協会評議員会を開催しました。
まずはじめに、全国大会出場チーム、東北大会優勝チーム、県大会連続優勝チーム並びに優秀指導者への表彰を行いました。
その後、会長のあいさつに続き、議事に入り、平成25年度事業報告、収支決算・監査報告、並びに平成26年度事業計画(大会日程)、収支予算について、審議を行い、すべて原案どおり可決されました。

評議員会終了後、同所にて協会より表彰された方々を囲み、受賞祝賀会を開催しました。
平成26年度の大会日程についてはこちら

平成26年度福島県ソフトボール協会理事会を開催しました。

平成26年3月9日(日)、福島市サンライフ福島において、平成26年度福島県ソフトボール協会理事会を開催しました。
平成25年度の事業報告、収支決算報告及び平成26年度の事業計画、収支予算などが議決されました。
平成26年度の日程表はこちら

ページの先頭へ
Copyright © 2018 福島県・県北ソフトボール協会. All Rights Reserved.